デリケートゾーンの黒ずみに影響が出る肌への刺激について

デリケートゾーンが黒ずんでしまう理由

デリケートゾーンの黒ずみに影響が出る肌への刺激について

女性のデリケートゾーン、脱毛の際にV、I、Oと言われるエリアは、欧米では以前から脱毛と美白ケアをする人が多数派でしたが、近年では日本でも生理の際の蒸れやニオイ、水着を着用した際の見栄えなどを気にしてケアをする人が増えてきています。特に脱毛後、気になるのがこのエリアの黒ずみです。特に、内腿や下腹部など全身でも肌が白い部分と隣接しているため、この部分の肌の黒ずみはきわだってしまい気になるものです。そもそも何故このエリアが色素沈着してしまうのかというと、体のラインに合っていない小さな下着によってしめつけたり、圧迫したり、摩擦していることが大きな原因と言われています。たとえば、脇の下もムダ毛の処理のために何度もカミソリで剃ったり、毛を抜いたりしている内に黒ずんでガサガサになってしまった経験は誰しもあると思いますが、それと同じことがデリケートエリアでも起こっているのです。

 

体に合わないキツイ下着で締め付けることによる刺激、カミソリなど肌をいためつけてしまう処理方法でムダ毛を処理していたことによる刺激などで肌が何度もこまかく傷つくうちに、色素沈着のもとになるメラニン色素が作られて、だんだん肌の色が黒ずんでしまうのです。また、肌がこまかく傷つくために肌の水分が失われ、がさがさになってしまい、見た目に黒ずんで見えるということも原因です。そのため、日々のデイリーケアで黒ずんだ部分をもとの肌の色に戻すためには、肌を保湿し、刺激をなるべく減らすということが考えられます。具体的には風呂上りに専用コスメで保湿をし、ゆったりした下着を着用して寝るようにします。顔と同じように、不必要に触ったり、ごしごし洗ったりすることは避け、肌が自然の回復力で健康を取り戻せるように手助けしてやりましょう。

 

デリケートゾーンの色素沈着対策

デリケートゾーンが黒ずんでいると、水着になるときも自信がなくなってしまいますし、女友達と温泉に行くのもためらってしまいます。そして何より、大事な恋人と過ごす際にも自信がなくなり、せっかくの甘い時間をリラックスして楽しめないということになってしまいかねません。肌の色にも薄い濃い色々あるように、デリケートゾーンの色味にも個性があるので、必要以上に気にする必要はないのですが、自力でできる色々な対策があることを知っておきましょう。一つは、肌のキメを整えること。すなわち、フェイスケアと同じように、保湿を中心にしてクリームを塗り、必要以上にごしごし洗うことを避けること。生活リズムを整え、栄養バランスのとれた食事をとり、睡眠をしっかりとること。きつい下着を避け、ゆったりした衣服を心がけることなどが重要です。外出先から帰ったら、ゆったりしたリラックスウェアに着替え、締め付けから解放してあげましょう。

 

これを心がけるだけでもずいぶん肌質が変わってくるはずです。それ以上に美白を求めるなら、やはり専用コスメがおすすめです。現在、化粧品会社各社がさまざまな効能を持つデリケートゾーン専用コスメを出しているので、チェックしてみましょう。専用のソープ、乳液やクリームなどが人気です。保湿に重点を置いたタイプ、美白効果が高いタイプ、バランスタイプなどいろいろあるので、自分の望んでいる効能を持ったものを選びましょう。その際には口コミ情報なども参考に、自分の苦手な成分が入っていないかなども重視しましょう。自分に合っていない成分が入っていると、黒ずみがより進んでしまう可能性もあるので、なるべく無添加なものを選んだほうが安心です。生活習慣の改善にくわえて、これらのコスメを上手に使うことでデリケートなエリアの悩みも改善に向かいます。